サワードゥブレッド「ライ麦食パン」2種と今年のフィグジャム

サワードゥの投稿は久しぶりですね。
当初の勢いはなくなりましたが(笑)
その後も定期的にお世話しながら焼いています。

ライ麦食パンを焼いたので、
久しぶりにブログに書き留めておきます。

ここのところサワードゥの酸味が出るようになってきて
このパンもやや酸っぱめのパンになりました。

ライ麦粉は10%だけの配合ですが色も香りもライ麦が主張していました。
ライ麦パンは酸っぱいもの、という先入観があるせいなのか
酸味が気にならないのがフシギです。
(白い粉だけでは気になるかも)

「サワードゥのライ麦ブレッド」

サワードゥライ麦ブレッド 20201101-DSCT9274 (2)

サワードゥライ麦ブレッド 20201110-page

奥のジャムは、
苺ジャムと無花果ジャム。
無花果を皮をつけたまま煮たら
苺と同じきれいな赤色になりました。

サワードゥライ麦ブレッド 20201101-DSCT9297 (4)

こちらが昨年の皮なしとの比較。
色の違いが歴然。味も皮付きのほうが濃いです。

いちじくジャム 20201102-DSCT9492 (3)

 

話がそれたので
第二弾のライ麦食パンに話を戻して。

酸っぱい種が気になったので、
間をあまり置かずに種継ぎをして
ルヴァンを準備しました。

今度のパンはライ麦フレークを入れた食パン。
パン生地自体は白い小麦粉です。

「ぷちぷちライ麦ブレッド」

サワードゥのぷちぷちライ麦ブレッド 20201103-DSCT9671 (3)

スライス面はこちら。
プチプチが確認できるでしょうか。
こんな感じの角食が袋パンで売られていますね。
それを意識してみました。

サワードゥのぷちぷちライ麦ブレッド20201103-DSCT9750 (2)

ライフレークの食感がアクセントになり、
パン生地も前ほど酸味がなく食べやすくなりました。
サワー種もなんとか持ち直したようです。

サワードゥのぷちぷちライ麦ブレッド20201103-DSCT9716 (3)

パンのプロセス写真も。
至ってかんたんなワンローフです。

サワードゥのぷちぷちライ麦ブレッド20201110-page

ライ麦は、ドイツパンのような本格的なパンを作るには
扱いにくくハードルが高くなりますが
こんなふうに少量のライ麦を食パンに混ぜると
断然かんたんで食べやすくなります。

サンドイッチなどの食事用のパンにぴったりなので
こういう使い方はおすすめです。
型に入れるパンは気軽で良いですね。

*

ライ麦パン食べい!と思ったら
ポチっと1票おねがいします。

にほんブログ村 料理ブログ 天然酵母パン作りへ にほんブログ村

 

*

最後までお読みいただきありがとうございます。
“役に立った”、”楽しかった”、”いいね!” など
感想がわりに↓ぜひポチっとお願いします。
にほんブログ村 料理ブログ 天然酵母パン作りへ
にほんブログ村 更新の励みになっています♪

*

わかば工房インスタグラムも更新中
わかば工房インスタグラムへ

 

レッスン最新情報

[2021/11/16 更新]

■ 天然酵母パン教室

11・12月単発レッスン
冬特レッスン(シュトレン・ミニクグロフ)
後期コースレッスン(10~2月)のご案内

・ホシノ酵母はじめてレッスン..こちら 
・自家製酵母はじめてレッスン..こちら
→次回開催はお問い合せください

■ オンライン講座(ホシノ酵母)

終了しました。ご受講ありがとうございました。
・vol.4「ウールロールブレッド2種」…8/17~11/15開催
・vol.1「牛柄ベーグル・すいかベーグル」…8/20~11/15開催



■ Profile

上田まり子 こんにちは、上田まり子です。
1997年からウェブサイト「まりの部屋」でホームベーカリーのレシピ&情報サイトを運営。レシピ本著書9作。
このブログでは、教室のお知らせやレポートのほか、普段焼いているパンをたくさんご紹介しています。息抜きの写真さんぽの様子もときどき綴っています。

[SNS] FacebookInstagram(パン)Instagram(ねこ)Twitter

教室お問い合わせ・お仕事のご依頼などは こちらからどうぞ↓