タイプERで3種の自家製酵母パン「山食パン」と「プチパン」と「ピザ」

レッスン用に準備している小麦粉。

いつもはあっと言う間に使い切るので
賞味期限など気にすることは無かったのですが、

ここにきて、
タイプER(ハード系の粉・準強力粉)の賞味期限が
来月だということに気づきました。

カンパーニュをそろそろ焼きたかったので
それは次にゆっくり焼くとして、
前に気になっていた、食パンを焼くことにしました。

いちご酵母の食パン 20200423-DSCT9546 (2)

窯伸びも良く、味も良く
合格点のパンが焼けてしまいました。

前に作った時もこんなふうにすくっと膨らみ、
ERでも窯伸びして美味しく焼けたのが嬉しくて、
その次に作ったら、それほどでもなかった、
という事があり、気になっていたのです。

原因分からずなので、また作ってみます。

*

プロセスフォト。

のんびりとホイロ。
型から顔を出すまでしっかり待ちました。

20200422-DSCT9285 (3) 20200422-DSCT9320 (2)

山食らしく、真ん中がちょっと高い
文字通り「山」の形に焼きあがり。

今回は俵型にせず丸め成形です。

20200422-DSCT9336 (3) いちご酵母の食パン 20200422-DSCT9345 (3)

*

同じ生地でもうひとつ、プチパンも焼きました。
1つの生地から2種のパン。

いちご酵母の食パン 20200423-DSCT9518 (5)

ちなみに酵母はいちご酵母(種継ぎ5回くらい)です。
油脂も入れてしっかりこねた食パン生地なので、
ふんわりとしたプチパンになりました。

いちご酵母のプチパン 20200423-DSCT9537 (2)

ホイロ前後

20200422-DSCT9293 (2) 20200422-DSCT9295 (2)

焼成前後

20200422-DSCT9305 (2) 20200422-DSCT9316 (2)

生地量は中途半端な1.3斤ほどだったので、
半斤の食パンと、8個のプチパンにしました。

焼きたてはどちらもハリがあって
すぐにでも食べたいのをがまんしながら撮りました。
(夕食後でしたもので)

いちご酵母のプチパン食パン 20200422-DSCT9350 (2)

プチパンは、
翌日の昼に、ノザキのポークと千切りキャベツで
ちびっこハンバーガーになりました。

ランチョンミートのミニハンバーガー 20200423-DSCT9379 (3)

それにしても、
プチパンは写し甲斐のある被写体です。

いちご酵母のプチパン 20200423-DSCT9530 (3)

*

おまけでもうひとつ、
同じくERの生地でピザ。

酵母はレーズン酵母(種継8回目くらい)です。

[手前]ノザキポーク・玉ねぎ・ピーマン
[奥]コーン・オリーブ・玉ねぎ
[写真ないけど]じゃがいも・ベーコン・玉ねぎ

自家製酵母生地のピザ 20200422-DSCT9268 (3)

ピザは、よほどリッチな生地でなければ、
どんな生地でも作れるので重宝します。

今回は生地を伸ばすあたりから
家族と一緒にやっているので、
食事の準備もラクチン。助かります。

明日からはじまる長期ゴールデンウイークに
もう何回か出番がありそうです。

 

*

最後まで読んでいただきありがとうございます。
読んだよの合図に、↓ポチっとお願いします。
にほんブログ村 料理ブログ 天然酵母パン作りへ
にほんブログ村
みなさまの応援が励みになっています♪

レッスン最新情報

[2021/7/28 更新]

■ 天然酵母🍞パン教室

前期・後期コースレッスンの日程…後期日程を公開しました
2021「夏の特別レッスン」ご案内…受付中
・9月の単発レッスンご案内
・ホシノ酵母はじめてレッスン…8/6・8/7開催 
・自家製酵母はじめてレッスン…8/21・8/23開催
・オンライン講座vol.3「ショコラエピ2種」終了しました8月対面レッスン

 

■ 写真📸ワークショップ

・お問い合せください…前回のお申し込み内容はこちら
.

わかば工房インスタグラム更新中
わかば工房インスタグラムへ

お問い合わせはこちらからどうぞ↓

■ Profile

上田まり子 こんにちは、上田まり子です。
1997年からウェブサイト「まりの部屋」でホームベーカリーのレシピ&情報サイトを運営。レシピ本著書9作。
このブログでは、教室のお知らせやレポートのほか、普段焼いているパンをたくさんご紹介しています。息抜きの写真さんぽの様子もときどき綴っています。

[SNS] FacebookInstagram(パン)Instagram(ねこ)Twitter

教室お問い合わせ・お仕事のご依頼などは こちらから