「 いちご 」一覧

ひとつの生地から3種のパン、アレンジとラッピング

今年の春特レッスンは、「3種のパン」でしめくくりました。

すでに数回レポートをしていますが、パン以外にもプロセスフォトやラッピングやアレンジなどもありますので、それらをお伝えして最後のレポートにしますね。

毎回、全員きれいに仕上がった「ハムコーンパン」
お惣菜パンとして活躍させてくださいね。

ハムパン 20170329-DSCF4136-1

プロセスはこちら。
発酵前から仕上がりまでの生地の成長が楽しいですね。

20170330-DSCT4786-1 20170330-DSCT4800-1 20170330-DSCT4805-1

ハムパン 20170330-DSCT4857-2

つづいて「いちごプチパン」
何度スタイリングしてもカワイイが口に出てしまう(笑)

いちごパン 20170329-DSCF4133-2

こちらも、プロセスどうぞ。

20170330-DSCT4789-1 20170330-DSCT4792-1 20170330-DSCT4811-1

色違いのペットカップは最近の定番。
見分けやすくて重宝します。

いちごパン 20170330-DSCT4863-1

全盛りで。
味も見た目もバランス良しの組み合わせ。

ひよこパンいちごパンハムパン 20170329-DSCF4124-1

テーブルもにぎやかでしたね。

20170330-DSCT4852-2

スープは鶏梅団子のスープ。
梅干しとレンコン入りの肉団子はさっぱりとしていて、スープに落とすとふんわり。多めに作ってしまったときには、そのままつくねハンバーグになった日もありました(笑)

スープ20170329-DSCF4107-1

お持ち帰りのパンたちです。

ぴったりサイズの袋が用意できたのですべて個包装です。ひよこ用の「カスクート袋」は細長くて重宝しそうな袋だったので、お分けできるように多めに準備しておきました。

ひよこパンラッピング 20170330-DSCT4875 (2)-2

今回は、1つの生地で、3種のパン。
その1種ずつのパンからもさらにアレンジの効く内容をたくさんお伝えしました。一体合計いくつになったでしょうか・・・。insta等にもみなさんupしてくださっていて、私も楽しく拝見させていただきました。

自由なアレンジで楽しんでいただけたら嬉しいです。

***

そしてこちら、最後のアレンジシリーズ。
このエントリーでもご紹介しました「ひよこパン」です。

奥は、桜あん入り・トッピングは甘納豆。
手前は粒あん入り・トッピングはアーモンド&チョコ。

あんは15gずつ包んでいるので意外としっかりあんぱん。そしてしっとり焼きあがっていて、美味しかったです。

ひよこあんパン 20170401-DSCT4983-1

プロセスフォトもどうぞ。
焼く前に米粉を振っています。

20170331-DSCT4907-1 20170331-DSCT4911-1

20170331-DSCT4916-1 20170331-DSCT4924-1

ということで、たくさんのパンを焼き上げたこのレッスン。ご参加のみなさま、ありがとうございました!

ひよこパン 20170329-DSCF4114-1

ひよこあんパン 20170401-DSCT4961-1

***

4月からのレッスン、ご案内できるお席ございます。今回のような単発レッスンは、「マンスリークラス」でご受講できます。お試し参加も可能です・・・日程はこちらをどうぞ

***


ひとつの生地から3種のパン「ひよこパン」「ハムコーンパン」「いちごプチパン」そしてまた!おやつ♪

昨日の春特レッスンは、「ひとつの生地で3種のパン」

月初に行ってから約3週間ぶりの、後半に突入で、なんとなく長丁場な気分になっています。
実際、いつもより多い3種類の成形を次々に行うので、レッスン自体も休みなくすすんでいき、生徒さんも長丁場な気持ちになっているのでは・・・。 いつもよりも濃いめの内容でお送りしています。

20170328-DSCF4046-1

「いちごプチパン」は、半生のいちごにホワイトチョコの組み合わせ。この時期だからできるパンです。

20170328-DSCF4073 (2)

「ハムコーンパン」ごくノーマルなお惣菜パン。教室では生ハムを入れてみました。ふつうのハムパンよりも塩気が効いているので、きっとビールに合います。
「男の人、好きですよね~」とのお声に、皆納得。家族に出すとすぐになくなるパンのうちのひとつです。

20170328-DSCF4070 (2)

そして「ひよこパン」
またまたこのコたちがやってきました。

お肌は白いですが、ちゃんと焼けています。そして、中にチョコが入っているので、お口のアーモンドと相まって、味も保証付き。みた目だけではないのもポイントです。

20170328-DSCF4033 (2)

プロセスも少し。

20170328-DSCF4020 (2) 20170328-DSCF4025 (2)

ハムコーンパンは、同じ人が作ったかのように、皆揃って同じ形に綺麗に焼けました(これがもう1セット、並ぶと壮観でした。みんなすごい!)。
今回は、1斤から3種類を作る際に、おうちでも計算しやすいよう、生地量を調整しました。すべて型モノというのもポイント。やはり型を使うと最終的にピッタリくるので安心感があります。

20170328-DSCF4030 (2)

そして、ランチタイム。

今回もまた!Sさんからのお差し入れ♡ sakamiさんの純生ロール、はじめてご同席されたみなさんからも大絶賛でした。ご一緒された方、幸運でしたね。 Sさん、ごちそうさまでした。

20170328-DSCF4037 (2)

春特レッスンも残りわずか。(春特ご案内はこちらです
今日も楽しくいきたいと思います♪準備万端お待ちしております!

***

Fujifilm X-E2 / XF35mmF1.4 R

***

各種レッスンの募集案内は・・・こちらです

***


今年の折り込みはデニッシュ3種類。スープはさっぱりと。

毎年2月のマンスリーコースは折り込みレッスン。
今年は「デニッシュペストリー」を作りました。

先に投稿した「いちごデニッシュ」につづいて、こちらのプレートに乗っている「薔薇デニッシュ(右)」と「ウィンナデニッシュ(奥)」

デニッシュ--20170212-DSCF1310-1

ウィンナデニッシュは、中身違いで「チョコデニッシュ」にもなります。

デニッシュ--20170211-IMG_8409-1

焼き上がりの勢ぞろい。
メッシュローラーで網目模様を作りました。1月のお知らせのときは1穴1穴地道にカットして作っていました。買ってみたら意外と大きかったメッシュローラー。地道な作業で頑張っても良いかもしれません。

デニッシュ-20170207-DSCF1113 (2)-1

そして、こちらが薔薇のデニッシュ。
デニッシュ等の折り込み生地成形では、バターの層が出るように四辺を必ず切り落とします。その端生地を使って薔薇のように見立ててみました。

デニッシュ--20170212-DSCF1298-1

この端生地の再利用って大切ですよね。クロワッサンではクロッカンに再利用しますし、過去のレッスンでは、端生地+細長い生地でこんなのもありました
こういうところにおうちパンの工夫のし甲斐があります。

薔薇のデニッシュ--20170212-DSCF1304-1

さて、ランチテーブルはこちら。
たくさん並んだデニッシュたち。

スープはさっぱりとさせたかったので「ほうれん草と卵豆腐とかにかまのスープ」でした。(寄り写真は撮れませんでしたー)

デニッシュ--20170211-IMG_8404-1

折り込みレッスン、みなさん頑張ってくれました。

私も準備は普段以上にしているのですが、今回欲張って、3成形4種類と作業も多く、発酵時間も低温で長めにしないといけないので20分オーバーが最短時間でした。

デニッシュ--20170212-DSCF1321-1

今年度の「マンスリーレッスン」は以上で終了です。
ご参加いただいたすべての皆さまありがとうございました。

3月は「春特レッスン」になりまして、全レッスン単発の講座です。「はじめてレッスン」から「リクエストレッスン」「スペシャルレッスン」まで、いろいろと取り揃えています。
ご案内はこちらです★

***