柿酵母で、野菜のパン3種

【最新情報】’22/7/3

■ 8月「夏の特別レッスン」のお知らせ
■ 9月(ホシノ酵母)… 単発席のご案内
■ 7・9月(自家製酵母)… 単発席のご案内
■ 4~9月(酒種酵母)受付終了

 

*

柿酵母を起こしました。

2個の柿の皮でほんの少し。酵母液を量ると100g弱。
だいたい3回ほどパンが焼けるかなと。

柿酵母 IMG_6033 (2)

自家製酵母のパンは、まずは何にしようかと考えるのが楽しいです。

**

最初は、すりおろし人参入りの生地。
「あんこ入りのちぎりにんじんパン」

柿酵母のにんじんパン IMG_6038 (2)

「チーズ入りのスリムにんじん食パン」

柿酵母のにんじんパン IMG_6064 (2)

つづいて、かぼちゃを練り込んだ生地。

やはり「ちぎりパン」中にはキャラメルチョコを入れてみました。

柿酵母のかぼちゃパン IMG_6143

ハロウィンも近いので、かぼちゃグッズはいまが一番、出してある時期です。

柿酵母のかぼちゃパン IMG_6156 (2)

もうひとつ、

「かぼちゃレーズンブレッド」定番の味です。

Instagram Photo [WAKABA Kobo]

1斤分で2種類作るので、どれもとても小さく小さく焼いています。(食べきりサイズです)

DSCT4463 (2) DSCT4483 (2)

DSCT4492 (2)

今回の柿酵母は、実家に生っていた柿を。ついでに右の酵母も同じく実家で育てているみかんの木からもらってきたのを早々に瓶に詰め込みました。

柿酵母・みかん酵母 DSCT4292 (2)

柿は中身は食べてしまい、皮のみです。
とっても元気に(蜜柑よりも早く)酵母になりました。

柿酵母 DSCT4396 (2) 柿酵母 DSCT4405 (2)

最後は、ほうれん草入り生地。

にんじん→かぼちゃ、と来たので、せっかくならカロテンたっぷり野菜にしようと思い、考えていたトマトからほうれん草に路線変更。

ほうれん草Focaccia 20181029-IMG_6248 (2)

「ほうれん草とドライトマトのフォカッチャ」
ざくざく切っただけのほうれん草がいい具合に生地に混ざりました。黒く見えるのはドライトマトです。酸味と塩味のアクセントになりました。

ほうれんそうフォカッチャ 20181029-IMG_6287 (2)

プロセス

20181029-DSCT4881 (2) 20181029-DSCT4887 (2)

20181029-DSCT4893 (2)

柿酵母三昧(まさに3つの味!)
元種を起こした酵母づかいなので、ほぼ柿の香りはしないのです。
元気な酵母さんになってくれたので、いろいろ楽しめました。

柿酵母のにんじんパン IMG_6061 (3)

みかん酵母は冷蔵庫で液種待機中。
元種起こそうか、ストレートで楽しもうか、何にしようか考え中です。

**

*

”読んだよ!”代わりにポチっ↓と1回。
いつも励みになっています♪
にほんブログ村 料理ブログ パン作りへ にほんブログ村

*

わかば工房インスタグラム更新中
わかば工房インスタグラムへ

 

レッスン情報

[2022/7/4 更新]

■ 天然酵母パン教室

7,9月単発席のご案内…こちら☆で受付中

8レッスン
各種酵母の「はじめてレッスン」ほか6レッスン
こちらから↓どうぞ

夏特lesson 20220703



■ Profile

上田まり子 こんにちは、上田まり子です。
1997年からウェブサイト「まりの部屋」でホームベーカリーのレシピ&情報サイトを運営。レシピ本著書9作。
このブログでは、教室のお知らせやレポートのほか、普段焼いているパンをつれづれに綴っています。息抜きの写真さんぽの様子もときどき載せています。

[SNS] FacebookInstagram(パン)Instagram(ねこ)Twitter

教室お問い合わせ・お仕事のご依頼などは こちらからどうぞ↓