懐かしの「板チョコパン」ほか、バレンタイン前にチョコのパンいろいろ

懐かしの「板チョコパン」

板チョコを1片入れただけの丸いパン。
小ぶりサイズがかわいいです。

20210208-IMG_1629 (3)

20年来のお知り合いの方は、
懐かしさを共有できるかも?しれません。

過去に、ホームベーカリーのサイト
初心者だった私が、楽しさのあまり
たくさんレシピをupしていた中の一つです。
当時を懐かしんで、珍しくイーストで焼いてみました。
発酵スピードと、ふわっふわの空気感に
追いつけませんでした(笑)

現在このレシピは書籍に載っていますが、
良い機会なのでまたレシピ公開しようと思っています。
upしたら、ブログ末尾に追記しておきますね。

そのときのキャッチフレーズは
「冷まして食べると板チョコの「コリコリ」とした歯ざわりが楽しめます」
というのもの。

今回使ったチョコは、翌日の寒い朝でも
あまりコリコリしていなかったので、
銘柄によるのかもしれないです。
(楽しみに食べたのですけどね、苦笑)

20210208-page2

パンの作り方は、至って簡単。
↑のプロセス写真で作れてしまうかもです。

最初のレシピと違うのが、
焼成前にドリュールを塗っていること。
前はぬらずに焼いたので、マットな仕上がりでした。

今回、塗ろうと思ったのは、
生地にいれた卵が残っていて大した手間でないから
というのが一番の理由。
もう一つはパンの膨らみ効果も上がるから、です。

つやつやも美味しそうに見えますよね!

20210208-IMG_1633 (2)

これを見て、過去写真を検索したら、
結構わたし作ってますね、このパン。

お暇あったらブログ記事ご覧になってみてください。

 

さて、もうひとつ焼いた
チョコパンはこちら。

簡単かわいい「ちぎりパン」
市松模様にしてみました。

20210208-IMG_1680 (2)

ちぎると、びよ~んと伸びるのが楽しい。
ついつい撮りたくなってしまいます。

20210208-DSCT2652 (2)

プロセス写真。

ちぎりパンは、
中身を何にしようか考えたり、
包む作業をするのが楽しいですね。

20210212-page3

中に入っているのは、
白い方がホワイトチョコ
黒い方がセミドライバナナです。

チョコちぎりパン 20210210-IMG_1728 (4)

バナナチップではなく
セミドライのバナナを使うことで、味が良いのはもちろん
焼き上がったあとのバナナがほどよい柔らかさです。
パンの水分を吸いつつも柔らかすぎないところが
良いですね。

以前購入したのがこちら。
探したら売り切り終了らしく現在は入手できず。

20210208-DSCT2586 (2)

でも、乾燥させるだけなのですぐに作れそうです。

やりたいこと&作りたいものリストが
このところどんどん増えています。

(レッスンのお知らせも早くしないとです)

*

この時期にかこつけて、
なかなか使い切れないココアの
使い切り大作戦。
今日もこれを書きながら焼いていたので
もう1エントリーお付き合いください。

 

[追記]

板チョコパンのレシピはこちらです

https://mari2.net/post-509/

 

*

最後までお読みいただきありがとうございます。
“役に立った”、”楽しかった”、”いいね!” など
感想がわりに↓ぜひポチっとお願いします。
にほんブログ村 料理ブログ 天然酵母パン作りへ
にほんブログ村 更新の励みになっています♪

*

わかば工房インスタグラムも更新中
わかば工房インスタグラムへ

 

レッスン最新情報

[2022/1/12 更新]

■ 天然酵母パン教室

1・2月単発レッスン
自家製酵母はじめてレッスン 2/2開催(残1席)

2021年度後期コースレッスン(10~2月)日程
・ホシノ酵母はじめてレッスン..こちら 

■ オンライン講座(ホシノ酵母)

終了しました。ご受講ありがとうございました。
・vol.4「ウールロールブレッド2種」…8/17~11/15開催
・vol.1「牛柄ベーグル・すいかベーグル」…8/20~11/15開催



■ Profile

上田まり子 こんにちは、上田まり子です。
1997年からウェブサイト「まりの部屋」でホームベーカリーのレシピ&情報サイトを運営。レシピ本著書9作。
このブログでは、教室のお知らせやレポートのほか、普段焼いているパンをたくさんご紹介しています。息抜きの写真さんぽの様子もときどき綴っています。

[SNS] FacebookInstagram(パン)Instagram(ねこ)Twitter

教室お問い合わせ・お仕事のご依頼などは こちらからどうぞ↓



パン

Posted by UEDA Mariko