「エレファントイヤーブレッド」という名前のパンをかぼちゃパンにしてみました

【最新情報】’22/7/3

■ 8月「夏の特別レッスン」のお知らせ
■ 9月(ホシノ酵母)… 単発席のご案内
■ 7・9月(自家製酵母)… 単発席のご案内
■ 4~9月(酒種酵母)受付終了

 

*

「エレファントイヤーブレッド」
何でしょう?

海外ベイカーさんの投稿で
最近よくみかける成形が気になっていたので、
焼いてみました。

かぼちゃのゾウ耳パン 20211021-IMG_4909 (3)

生地には、冷凍かぼちゃのマッシュを練りこんで、
どうせならと、中心にシナモンスティックを挿して、
「かぼちゃパン」に仕上げてしまいました(笑)
季節柄、つい、こんなアレンジが最初のパンです。
酵母は、柿酵母(これも季節柄?!)

かぼちゃのゾウ耳パン 20211021-DSCU2175 (3)

で、その
「エレファント何とか」
というのは、
「elephant ear bread」
つまり
「ゾウの耳パン」のこと。

こちら↓
はがしてみてなるほど、です。
ネーミングセンスが海外っぽいですねー。

かぼちゃのゾウ耳パン 20211021-DSCU2156 (3)

生地と生地の間には、成型時にバターが塗ってあるので、
焼き上がり後はポロリとはがれます。
↓隙間があるのはそのせい。
私はかなり塗ってしまったようで、このまま崩れそうでした(笑)

かぼちゃのゾウ耳パン 20211021-DSCU2186 (2)

 

成形のプロセスはこちらです。

1斤分生地を、Φ18cmデコ型に入れて焼いています。
分割は、横着して12個。
もっと細かくしても良いと思います。
16個くらいにしているのを多く見かけました。

きれいに等間隔で並べられるかが、成形の山場です。
室温に戻したバターを塗っているので、はがして置き直しもできますが、一気に並べるが吉です。

20211022-page6-crop

焼き上がり!
塗り残したバターは、最後に表面に塗ると
さらに風味も増しますし、照りもでてgoodです。

20211022-page6-crop1

生地準備のときから、
さらにアレンジのパンも考えていました。

かぼちゃとブラックココアの2色を互い違いに、とか、
さらに紫芋も入れて、3色のハロウィンカラーにしようとか、
想像するだけで楽しくなります。
(作れるかどうかはわかりませんけれどね!)

かぼちゃのゾウ耳パン 20211021-IMG_4912 (2)

成形を楽しむパンに見えますが、
間に入れているバターと仕上げバターがとても香り良く
デニッシュのように食べられるので、
お菓子パンとしても、良いかなと思いました。

成形の参考にしてみてくださいね。

 

*

”読んだよ!”代わりにポチっ↓と1回。
いつも励みになっています♪
にほんブログ村 料理ブログ パン作りへ にほんブログ村

*

わかば工房インスタグラム更新中
わかば工房インスタグラムへ

 

レッスン情報

[2022/7/4 更新]

■ 天然酵母パン教室

7,9月単発席のご案内…こちら☆で受付中

8レッスン
各種酵母の「はじめてレッスン」ほか6レッスン
こちらから↓どうぞ

夏特lesson 20220703



■ Profile

上田まり子 こんにちは、上田まり子です。
1997年からウェブサイト「まりの部屋」でホームベーカリーのレシピ&情報サイトを運営。レシピ本著書9作。
このブログでは、教室のお知らせやレポートのほか、普段焼いているパンをつれづれに綴っています。息抜きの写真さんぽの様子もときどき載せています。

[SNS] FacebookInstagram(パン)Instagram(ねこ)Twitter

教室お問い合わせ・お仕事のご依頼などは こちらからどうぞ↓