サワー種3回目は「食パン」ホームベーカリーおまかせ焼きに挑戦

また!サワー種のパンです。
[→第1弾はこちら][→第2弾はこちら

今回のサワードゥブレッドは、
ホームベーカリーで最後まで焼成する
おまかせコースにチャレンジしてみました。

まずは「レーズンブレッド」

サワードゥブレッド 20200622-IMG_9984 (3)

パナソニック1斤用のHBで、天然酵母コース使用です。

このコースはねりが2工程あり、
こねすぎてしまうのが、ネックです。
対策方法を、後半でご説明しますね。

こちらが(↓)焼きたての姿。
やや、小ぶりではありますが、
外はしっかり焼けて、中はふっくら。
充分に成功といえるかなと思います。

20200622-DSCT7885 (2)

ちなみに、もうひとつHBのサワードゥブレッドはこちら。
MKの天然酵母コースで、
シンプルな食パンをおまかせで焼きました。
こちらも背の低い小ぶりちゃんです。

サワードゥブレッド 20200622-DSCT7873 (2)

エムケーもPanasonicも、天然酵母コースは
ねり工程が最初と途中に2回あります。

エムケーは1回目10分、2回目もしっかりこねます。
パナは1回目が20分、2回目も15分くらいこねて、
国産強力粉や自家製酵母が耐えられるかしら?と心配になります。
ホシノ酵母でも同じで、2回目のこねをしないように
対策を取ったりしていました。

が、
今回ようやく気付いたのが(遅!いったいHB何年使ってるの?って感じ)
「1回目のこね行程を5分で切り上げる」
ということ。

生地はあまり滑らかになっていないですし、
後入れのバターはまだ入れられないタイミング。
でも、2回目のこねまでの時間(3時間ほど)を
オートリーズだと考えれば、自分でも納得がいきます。

実際の作業はどうするかというと、
HBスタートしてこね5分経ったところで、粉気・水気がなくなっていたら
いったん一時停止。
※MKには一時停止機能があります。パナならいったんリセットしても良いです。

パンケースを取り出して、機械はリスタート。
残りのこね時間をケースなしで空回りさせておく間に、バターを生地に包むように入れておき(溶け出てこないように)こね行程が止まったタイミングで本体に戻しました。

あとはお任せです。

夏場などバターを放置するのが気になる場合は、2回目のこねが始まる頃に(スタートから3時間半くらい)手動で入れるのが良いと思います。

これは、ルヴァン種だからというのではなく
ホシノでも同じことが言えそうです。

サワードゥブレッド 20200622-IMG_9992 (3)

もうひとつ、気になるのが、
残り1:40くらいでガス抜き工程があるのです。

これは以前から、皆さんから(生徒さんからも)
残念~という声が聞こえています。
せっかく仕上げ発酵がいい感じなのに、このタイミングで生地が小さくなって
そのまま小さいパンが焼きあがること請け合い。

面倒ですが、残り2:30くらいで
羽根だけを取り外して以降ガス抜きしないようにするとよいです。
(今回は、やり忘れました><)

サワードゥブレッド 20200622-IMG_9987 (3)

ともあれ、サワードゥの酸味を少しだけ感じるパンです。
嫌味な酸っぱさではなくて、レモンのようは爽やかな酸味です。

私はこれ、とても好きだなぁと思いました。

*

HBで焼いたパンは、写真映えしないのであまりupしませんが
うまく使えば、手軽で美味しいパンが焼きあがるので
面倒なときには役立っています。

私は、それ以上にこね機としてヘビーユーズしていますが。

サワードゥブレッド 20200622-DSCT7864 (2)

ところで、ここで時々ご案内しているレシピサイトは、
ホームベーカリーのサイトでもあって
実際に使った機種のレビューも載せています。
興味ありましたらご覧ください♪

 

にほんブログ村 料理ブログ パン作りへ
にほんブログ村
いつもありがとうございます。
1クリックが励みになっています♪

わかば工房インスタグラム更新中♪
わかば工房インスタグラムへ

 

レッスン最新情報

[2020/9/17 更新]

■ 天然酵母パン教室

[現在受付中]
・2020年度後期レッスン…10~2月予定はこちら(受付中)
・ホシノ/自家製酵母はじめてレッスン…随時開催お問合せください
・プライベートレッスン随時開催中…お問合せください
.

パン作りランキング参加中
にほんブログ村 料理ブログ パン作りへ にほんブログ村
ポチっと応援、励みになっています♪