蔵出し「紫芋パン」で食パン・ミニあんパン・イングリッシュマフィン・あん食パン

過去写真から、蔵出しパンをいくつか。

昨年、
紫芋フレーク使い切り大作戦と称して、
紫芋のパンをあれこれ焼いていたときのパンたちです。

「食パン」

お芋効果でふっくらしっとりです。

紫芋食パン 20200529-DSCT4136 (3)

じつはこれ、HBの”焼き機能”を使った食パン。
こちらで実験したときのことを書いています

もう一年以上も前でしたがこの写真↓で
ちらっと触れたきりになっていました。

紫芋生食パン・プチパン 20200528-DSCT4102 (2)

同じ生地で、「ミニあんパン」
仕上げにポピーシードをつけるのが楽しいです。

紫芋ブチパン 20200528-DSCT4035 (3)

ふつうの大きさのあんパンならば
麺棒の端を使うのですが、
これはバターナイフの持ち手端が
ちょうど良い大きさでした。

20200528-page4

ポピーシードつきは、あんこ入り。

20200528-DSCT4003 (3)

ポピーシードのついていないのは、
ホワイトチョコを入れました。

20200528-page6

つづいて、

「イングリッシュマフィン」

紫芋イングリッシュマフィン 20200512-DSCT1862 (3)

スライスすると、紫芋のパンだと分かります。

紫芋イングリッシュマフィン 20200512-DSCT1885 (4)

焼き上がり直後はこんな感じです。
元気すぎて、型から盛り上がりました。

紫芋イングリッシュマフィン 20200512-DSCT1826 (3)

紫芋イングリッシュマフィン 20200513-page-3

最後は「紫芋あん食パン」
生地にもあんこにも紫芋を加えました。

紫芋あん食パン 20200512-DSCT1811 (2)

あんこが多い場合は、
シート状にしてからくるくるするのがカンタンきれい!
ゴムべらで塗ると手間ばかりかかるうえ、
パン生地を痛めてしまいがちです。

紫芋あん食パン 20200512-page (2)

 

4つのパンどれも自家製酵母です。
レーズンだったり苺だったり。

自家製酵母を使っても、こういったふわふわのパンはそう難しくなく作れます。ホームベーカリーの天然酵母コース(ホシノ酵母用)でも焼けるくらいですから。

私が作っていて楽しくて、かつ家族も喜んで食べてくれるので、自家製酵母のふわふわパンは、登場回数も多いです。

 

 

*

最後までお読みいただきありがとうございます。
“役に立った”、”楽しかった”、”いいね!” など
感想がわりに↓ぜひポチっとお願いします。
にほんブログ村 料理ブログ 天然酵母パン作りへ
にほんブログ村 更新の励みになっています♪

*

わかば工房インスタグラムも更新中
わかば工房インスタグラムへ

 

レッスン最新情報

[2021/10/12 更新]

■ 天然酵母パン教室

後期コースレッスン(10~2月)のご案内
10月・11月単発レッスン

・ホシノ酵母はじめてレッスン..終了しました 
・自家製酵母はじめてレッスン..終了しました
→次回開催はお問い合せください

■ オンライン講座(ホシノ酵母)

・vol.4「ウールロールブレッド2種」…8/17~11/15開催
・vol.1「牛柄ベーグル・すいかベーグル」…8/20~11/15開催



■ Profile

上田まり子 こんにちは、上田まり子です。
1997年からウェブサイト「まりの部屋」でホームベーカリーのレシピ&情報サイトを運営。レシピ本著書9作。
このブログでは、教室のお知らせやレポートのほか、普段焼いているパンをたくさんご紹介しています。息抜きの写真さんぽの様子もときどき綴っています。

[SNS] FacebookInstagram(パン)Instagram(ねこ)Twitter

教室お問い合わせ・お仕事のご依頼などは こちらからどうぞ↓