「セーグルノアレザン」は、シックなテーブルで。

フランスパンに続いて「セーグルノアレザン」です。

このパンは、焼き上がったそのままでは、なんとも地味なパンなのですが、カットするとザクザク中身がぎっしり。 そこでようやく美味しさを分かってもらえるパンです。

20170526-27-DSCT1422-3

上↑の写真はカレンツ。下↓の写真はレーズンです。
重量は同じですが、粒粒の散らばりが大分ちがいますね。

20170526-27-DSCT1447 (2)

レーズンもカレンツも、ラム酒に漬けてあるので、粒の大きなレーズンのほうが瑞々しくなります。お好みによって使い分けると良いかもしれません。(おうちの在庫量とかね^^;)

20170526-27-DSCT1453 (2)

テーブルはこちら。
今回はしっかり高温長時間焼成のハード系なので、初夏ですが、シックにまとめたテーブルになりました。スープについては、こちらのエントリーでご紹介しています。

20170526-27-DSCT1465 (2)

ご参加のみなさま、ありがとうございました。

このクラスも、毎月、足繁く通っていただくみなさんがほとんどです。
美味しいものが大好きで、情報も知識もたくさんお持ちです。毎回新しい情報を何かしらいただき(今回は富澤商店にある思いがけない食材とか。最近は乃が美の生食パンも毎回話題にのぼっています) 私も、食べたいもの・試したいものがいっぱいありすぎて困っています(笑)

***

Rankingに参加しています。
にゃんこをポチっと「いいね」で応援いただけたらうれしいです。
にほんブログ村 料理ブログ パン作りへ

わかば工房専用インスタグラム毎日更新中♪
わかば工房インスタグラムへ