クリスマスの発酵菓子、自家製レーズン酵母で「パネトンチーノ」

今年のクリスマスのパンは、
11月からシュトレンを焼き、
たくさんの方の元にお嫁に行きました。

それも落ち着き、ここ最近、
シュトレンの感想を頂戴することが
多くなりました。(ありがたいです!)
自家製のシュトレンの評判がよく
とても嬉しく思っているところです。

11月のフリーレッスンでも
「マナラ」というクリスマスのパンを
作りましたし、私的には、もう
クリスマスのパンをやりきった感が
満載なのですが。。。

ひとつ気になっていたこちらの
「パネトーネ」
を、最後に作ることにしました。

小さいサイズなので「パネトンチーノ」と呼びます。

パネトンチーノ 20191222-DSCT6409 (2)

以前、ホシノ丹沢酵母で作ったのを
自家製酵母でも作りたかたのです。

マカロントッピングもしてみました。

パネトンチーノ 20191222-DSCT6352 (2)

 

少しずつ残ってしまった、
ラム漬けドライフルーツを
大分一掃しました。
年末なので気持ちよく終わって嬉しいです。

20191222-DSCT6316 (2) 20191222-DSCT6320 (2)

発酵の調子もとても良いです。

20191222-DSCT6322 (2) パネトンチーノ 20191222-DSCT6327 (2)

クープ入れてそのままの↑ものや
マカロン生地を絞った↓もの。

20191222-DSCT6337 (3) 20191222-DSCT6341 (2)

ポップシュガーも振ってみました。
生地は同じなのに、味も変わりますし
バリエーション豊かになるのが嬉しいです。

20191222-DSCT6332 (2) パネトンチーノ 20191222-DSCT6352 (3)

レッスンの日の
おやつにもお出ししました。

 

パネトーネはもともと
「パネトーネ種」を用いて作るもので
なかなか入手困難ですので、
その他の種で私は作ります。

今回は、軽い食べ口を再現したくて
レーズン酵母を使ってみました。
シュトレンの食感に慣れた口の中は
いつもより、より軽く感じました(笑)

パネトンチーノ 20191222-DSCT6392 (2)

リッチな生地にも
難なく耐えてくれるこの酵母。

次回もまた作ろうと思ったのでした。
(たぶん、来年ですね!)

メリークリスマス☆

 

**

 

 

 

*

最後までお読みいただきありがとうございます。
読んだよの合図に↓ポチっとお願いします。
にほんブログ村 料理ブログ 天然酵母パン作りへ
にほんブログ村 励みになっています♪

わかば工房インスタグラム更新中
わかば工房インスタグラムへ

 

レッスン最新情報

[2021/9/6 更新]

■ 天然酵母パン教室

後期コースレッスン(10~2月)のご案内…現在受付中 8/29~9/9
・9/11(土)マーブルブレッド単発レッスンご案内

・ホシノ酵母はじめてレッスン..終了しました 
・自家製酵母はじめてレッスン..終了しました
→次回開催はお問い合せください

■ オンライン講座(ホシノ酵母)

・vol.4「ウールロールブレッド2種」…8/17~11/15開催
・vol.1「牛柄ベーグル・すいかベーグル」…8/20~11/15開催

.



■ Profile

上田まり子 こんにちは、上田まり子です。
1997年からウェブサイト「まりの部屋」でホームベーカリーのレシピ&情報サイトを運営。レシピ本著書9作。
このブログでは、教室のお知らせやレポートのほか、普段焼いているパンをたくさんご紹介しています。息抜きの写真さんぽの様子もときどき綴っています。

[SNS] FacebookInstagram(パン)Instagram(ねこ)Twitter

教室お問い合わせ・お仕事のご依頼などは こちらからどうぞ↓