ホシノ酵母「パンドミ」、いわゆる”生食パン” 昔の”生クリーム食パン”

今月7月の最初のレッスンは、
基礎コースの「パンドミ」と「ミニバタートップ」

どちらも真っ白生地で
以前からも、仕込み時に間違えないよう気をつけている回なのです。
(よ~く見れば違うのですけれどね!)

「パンドミ」
みなさん焼きたてが勢揃い。

パンドミ 20210702-DSCT7988 (4)

焼きたてはムチムチパリパリですね。

生クリームを配合して、油脂多めで仕込むこのパン、
ふっくらきめ細かで、優しいミルク感を楽しめます。

焼きたて冷めたての、”外サク中ふか”も、もちろんおいしいですし、パンがある程度さめた頃にポリ袋に入れて、クラムとクラストが同じ柔らかさになった頃も、”耳までふんわり柔らか"なパンが楽しめます。このタイミングが、切るのも楽!(笑)

(パタートップと一緒)
パンドミ・バタートップ 20210703-IMG_9315 (2)

20ン年前に、パンづくりをホームベーカリーで始めたばかりで、いろいろと配合するのが楽しかったあの頃。「生クリーム食パン」を作って感動し、レシピサイトで公開していた、あの頃を思い出します。
あの頃は、パンがどうして膨らむかの理論なんて分かっていなかったですね、今思うと(汗)。

あ、今もサイトは残っているんですよ↓
レシピもちらほら載せてあります。

 

基礎コースはまだ4回目ということもあって
角食に手を出すのは早いので、山食で作っていますが、
生地量を調整して、角食にしたら、
まさにイマドキの「生食パン」になります。

パンドミ・バタートップ 20210703-IMG_9305 (3)

レッスン後、「バタートップ」とともにプレートに盛って
食べようかどうしようか迷っている私。

パンドミ 20210702-IMG_9246 (2)

結局、バタートップも1切れ2切れ追加して
食べ比べしました。

レシピどおり、砂糖が多いほうが甘いし
乳製品が多いほうがミルク風味を多く感じます。(あたりまえですかね…)

型の大きさのちがいもあり、大きいサイズのパンドミのほうがふっかふかでしっとり柔らです。これは同じ条件で比べないと不公平かもですね。

パンドミ 20210702-IMG_9259 (2)

パンドミに感動してくださった生徒さん、
裏技としてホームベーカリーで焼く注意点もお伝えしたら、
皆、ホームベーカリーで焼く!と宣言していました。

えぇ~~(+_+)
と、反応した私でしたが、やはりこのパンは生クリーム効果がいちばん発揮されるパンで、HBでも安心、と思った次第です。

HBでもオーブン焼きでもいいので(笑)
ぜひおうちでも作ってみてくださいね。

「バタートップ」は次のエントリーにて。

 

 

 

*

最後までお読みいただきありがとうございます。
読んだよの合図に↓ポチっとお願いします。
にほんブログ村 料理ブログ 天然酵母パン作りへ
にほんブログ村 励みになっています♪

わかば工房インスタグラム更新中
わかば工房インスタグラムへ

 

レッスン最新情報

[2021/9/20 更新]

■ 天然酵母パン教室

後期コースレッスン(10~2月)のご案内…現在受付中
・9/25(土)・27・29オートミールブレッド単発レッスンご案内

・ホシノ酵母はじめてレッスン..終了しました 
・自家製酵母はじめてレッスン..終了しました
→次回開催はお問い合せください

■ オンライン講座(ホシノ酵母)

・vol.4「ウールロールブレッド2種」…8/17~11/15開催
・vol.1「牛柄ベーグル・すいかベーグル」…8/20~11/15開催

.



■ Profile

上田まり子 こんにちは、上田まり子です。
1997年からウェブサイト「まりの部屋」でホームベーカリーのレシピ&情報サイトを運営。レシピ本著書9作。
このブログでは、教室のお知らせやレポートのほか、普段焼いているパンをたくさんご紹介しています。息抜きの写真さんぽの様子もときどき綴っています。

[SNS] FacebookInstagram(パン)Instagram(ねこ)Twitter

教室お問い合わせ・お仕事のご依頼などは こちらからどうぞ↓