【おしらせ】
■ ’23.6月以降のブログはこちら★ → Mariko.Biz
■ パン教室各レッスンは → こちらでご案内中

ホシノルヴァンで「真っ白カンパーニュ」と「真っ白食パン」

ホシノルヴァンのパン
を焼きました。

 

「カンパーニュ」

内層真っ白。ハード系でも食べやすいパン。

カンパーニュ 20230215-DSCT0220 (2)

 

奥にうっすら写っているのは
ホシノルヴァン。
ホシノから起こした発酵種です。

カンパーニュ 20230215-DSCT0176 (3)

 

表面にはワッフル模様をつけました。
わかるかしら。

カンパーニュ 20230215-DSCT0167 (3)

カンパーニュ 20230215-DSCT0141 (2)

前回も、この模様をつけようと
焼いていたカンパがこちら↓
これはホイロ1時間で焼成したので
うっすらとしかつかず。

いちご酵母のカンパーニュ 20230205-DSCT8795 (2)

 

今回は、ひと晩冷蔵ホイロを行い、
それとわかる模様がつきました。

カンパーニュ 20230215-page3

ちょっとしたことだけれど
こういう変化があると
毎日のパン焼きが一層楽しくなります。

 

しかし何より
香りの良さに誘われ、、、
朝食後に焼いたのに、
ランチタイムの待ち遠しかったこと(笑)

カンパーニュ 20230215-DSCT0191 (3)

写真撮っているとますます食べたくなります。

カンパーニュ 20230215-DSCT0211 (2)

 

で、こちら。
セロリとごぼうサラダとチーズ。
レッドチェダーが透けているところが
自分的に萌えポイントです。

2023-02-15 19:48:17

いっただきまーす♪

2023-02-15 19:47:11

 

 

そしてまた
ホシノルヴァンで焼いた白いパン

「ホワイトブレッド」

乳製品なしの真っ白食パン。

ホワイトブレッド 20230217-DSCT0380 (4)

 

残っていた少量のホシノ生種と
ホシノルヴァンをメインに、
発酵促進用に酒種も加えました。

 

ホワイトブレッド 20230217-DSCT0359 (5)

粉は、
いつものはるゆたかブレンドに代わり
はるゆたか100を使っています。

袋を開けるとさらっさらの粉で
最強力粉のような手触り。

違いを味わうためにも
今回は乳製品は入れずに焼いてみました。

ホワイトブレッド 20230217-page43

明日の朝、
食べるのが今から楽しみです♪

 

 

追記

その後、スライスしたところ。

ホシノルヴァン食パン 20230218-DSCT0427 (2)

見てもわかるとおり、きめ細かでしっとりふかふか。
ホシノの香りも前に出ず、歯切れもよく、とても食べやすい美味しいパンにできあがりました。

すでに3日後の今も、まだふわふわで
フルーツサンドにもできそうな絹の口溶けです。

ホシノルヴァン食パン 20230218-DSCT0441 (2)

残っていた酵母3種類のなせる技か
はるゆたか100のおかげか…
一応、作ったパンはすべて配合記録があるので、
また再現できる時が来たら作ってみようと思います。

ホシノルヴァン食パン 20230218-DSCT0432 (2)

 

 

 

最新ブログ ↓更新中↓











 

広告

*

ポチっと”読んだよ!”励みになっています♪
にほんブログ村 料理ブログ パン作りへ にほんブログ村

*

わかば工房インスタグラム更新中
わかば工房インスタグラムへ

 



■ Profile

上田まり子 こんにちは、上田まり子です。
1997年からウェブサイト「まりの部屋」でホームベーカリーのレシピ&情報サイトを運営。レシピ本著書9作。
このブログでは、教室のお知らせやレポートのほか、普段焼いているパンをつれづれに綴っています。息抜きの写真さんぽの様子もときどき載せています。

[SNS] FacebookInstagram(パン)Instagram(ねこ)Twitter

教室お問い合わせ・お仕事のご依頼などは こちらからどうぞ↓