独特の風味の「プレッツェル」「ラウゲンブロート」。スープは蕎麦の実入りの野菜スープ

パン教室Lesson-E4、「パンヴィエノワ」につづいて
「プレッツェル」と「ラウゲンブロート」です。

プレッツェル 20170721-DSCT6463-1 (3)

教室では、劇薬の苛性ソーダの代わりに、重曹を使って、重曹水をくぐらせてから焼き上げます。アルカリ溶液のことをラウゲン液というので、プレッツェルはラウゲンプレッツェルとも言います。総称してラウゲンブロートですね。
この色と質感と少し苦みのある独特の風味は、このひと手間だけで出来上がります。たまにしか作らないのですが、一度作ると何度か繰り返しつくりたくなるパンです。

(発酵前後。ほんのすこしふんわり。)

20170722-DSCT6578 (2) 20170722-DSCT6584 (2)

プレッツェルには、岩塩をぱらぱら。丸いコにはプロセスチーズを包み、細長いコにはピザチーズとシャウエッセンを包んであります。

プレッツェル 20170722-DSCT6612 (2)

お召し上がりタイムです。
「どれにしようかな?」

20170722-DSCT6633 (2)

スープは、季節の野菜たっぷりスープ。蕎麦の実も一緒に入れて煮込んでいます。でも、沈んで姿が全くなかったですね(笑)
とろりとして美味しいです。

野菜と蕎麦の実スープ 20170722-DSCT6639 (3)

おまけ写真。
ミニチュアパンを作った時のよう。

プレッツェル 20170722-DSCT6600 (2)

今月のEコースも無事終了しました。

このコースは半年で終了なので、9月のレッスンで最後になります。最終回もお待ちしております。

***

8月の夏特レッスン
ご案内はこちらです。

【ご案内】パン教室2017夏の特別レッスン
お待たせをしました。 今年の「夏の特別レッスン」ご案内です。 *** [20...

Rankingに参加しています。
にゃんこをポチっと「いいね」で応援いただけたらうれしいです。
にほんブログ村 料理ブログ パン作りへ

わかば工房専用インスタグラム毎日更新中♪
わかば工房インスタグラムへ