ケーキシュトレン(ホシノ薔薇酵母のお菓子)

今年は、
「シュトレン」レッスン、三部作です。

ホシノ酵母はこちら
自家製酵母はこちら

先月は、パンのクラスにひきつづき
酵母のお菓子クラスでも
シュトレンを焼きました。

「ケーキシュトレン」です

ケーキシュトレン 20191123-DSCT3512 (2)

ホシノ薔薇酵母のケーキ生地には
シュトレンスパイスを加えて、
ラム酒漬けのフルーツとナッツを混ぜ込み
発酵させてから焼いています。
シュトレンのパウンドケーキバージョンです。

食感は、シュトレンとはちがって、
パウンドケーキのように
するするっと下の上て溶けていきます。

ケーキシュトレン 20191123-DSCT3537 (2)

焼き上がり直後はこんなふうに
地味ですが、

ケーキシュトレン 20191123-DSCT3522 (2)

粉糖をかけると、
たちまちシュトレンになります。

こちらはレッスンの1型分の生地を
小さい型3個に入れて、焼いてあります。
このサイズも食べ切りできて便利です。

ケーキシュトレン 20191127-DSCT3923 (2)

大1個に対して、小3個は
↓こんな比率です。

ケーキシュトレン 20191123-DSCT3553 (2)

生徒さんのお持ち帰りケーキ。
小さいほうのラッピングは、
ステッカーつきで(笑)

ケーキシュトレン 20191123-DSCT3559 (2)

 

こちらはテーブルの様子。
余談ですが、来月1月のフリークラスのサラミパンを
試作以前の、なんとHB焼きバージョン(!)で
お味見をしていただきました。
概ね好評です。
生地と具のバランスを見るだけで、と、
たまにこんなアプローチで試作します。

ケーキシュトレン 20191123-DSCT3544 (2)

さて、
ケーキ断面はこちら。

ケーキシュトレン 20191123-DSCT3580 (2)

ケーキシュトレンは、
通常のシュトレンと同様に、
焼き上がりすぐバターをしみこませます。

20191125-DSCT3735 (2) ケーキシュトレン 20191125-DSCT3743 (2)

お好みで、洋酒にしても良いですね。
昨年私は、ブランデーをしみこませて
ブランデーケーキにしてみました。
(そのためだけに購入^^)

家族は下戸なので食べられませでしたけれど、
私だけしっかり、大人ケーキを楽しみました。

お菓子コースも
いろいろな種類を作っています。

12月はなんとクッキー。
サクサククッキーなのに酵母?
と、思うかもしれませんが、
ホシノ酵母(今年は薔薇酵母)を入れる効果と
その意義などもお話しながら
レッスンをしたいと思っています。

12/21(土)のみの開催です。
お待ちしております。

レッスンお問い合わせはこちらからどうぞ(→☆)

 

**

 

 

*

最後までお読みいただきありがとうございます。
“役に立った”、”楽しかった”、”いいね!” など
感想がわりに↓ぜひポチっとお願いします。
にほんブログ村 料理ブログ 天然酵母パン作りへ
にほんブログ村 更新の励みになっています♪

*

わかば工房インスタグラムも更新中
わかば工房インスタグラムへ

 

レッスン最新情報

[2021/11/16 更新]

■ 天然酵母パン教室

11・12月単発レッスン
冬特レッスン(シュトレン・ミニクグロフ)
後期コースレッスン(10~2月)のご案内

・ホシノ酵母はじめてレッスン..こちら 
・自家製酵母はじめてレッスン..こちら
→次回開催はお問い合せください

■ オンライン講座(ホシノ酵母)

終了しました。ご受講ありがとうございました。
・vol.4「ウールロールブレッド2種」…8/17~11/15開催
・vol.1「牛柄ベーグル・すいかベーグル」…8/20~11/15開催



■ Profile

上田まり子 こんにちは、上田まり子です。
1997年からウェブサイト「まりの部屋」でホームベーカリーのレシピ&情報サイトを運営。レシピ本著書9作。
このブログでは、教室のお知らせやレポートのほか、普段焼いているパンをたくさんご紹介しています。息抜きの写真さんぽの様子もときどき綴っています。

[SNS] FacebookInstagram(パン)Instagram(ねこ)Twitter

教室お問い合わせ・お仕事のご依頼などは こちらからどうぞ↓