お米のとぎ汁酵母でパンを焼いてみました

こちらの記事に書いたパン「ブリオッシュ」
集合写真の半分を紹介したきりになっていました。
その、つづきです。

もう一方は、
米のとぎ汁で酵母を起こして
パンを焼きました。

「チーズバンズ」

とぎ汁酵母のチーズパン 20190520-IMG_0256 (2)

中のチーズがとろーり。

とぎ汁酵母のチーズパン 20190520-IMG_0262 (2)

プロセスフォトです。

とぎ汁酵母のチーズパン 20190519-DSCT2506 (2)とぎ汁酵母のチーズパン 20190519-DSCT2644 (2)とぎ汁酵母のチーズパン 20190519-DSCT2655 (2)

中身には、
市販のチーズクリームを入れました。

とぎ汁酵母のチーズパン 20190520-IMG_0273 (2)

 

「ミニ食パン」

とぎ汁酵母のミニ食パン 20190520-IMG_0247 (2)

いつものパンなので、何の変哲もない容姿していますが
その時その時で、発酵も窯伸びも、もちろん味も
ぜんぶ違って、すべてが興味深いです。
今回は初酵母なので特に。

とぎ汁酵母のミニ食パン 20190519-DSCT2508 (2)とぎ汁酵母のミニ食パン 20190519-DSCT2657 (2)とぎ汁酵母のミニ食パン 20190519-DSCT2669 (2)

プロセスは、
眺めているだけで癒されるんですよね。
パン作りって、そこがまた魅力です。

**

そして、
少し前に焼いていた、大きめ「山食」

とぎ汁酵母の食パン 20190514-IMG_0150 (2)

スライスしておくと、
大概家族は食パンを選びます。
(逆に言えば切っていないとあまり食べない、苦笑)

とぎ汁酵母の食パン 20190514-IMG_0161 (2)

はじめて起こした「とぎ汁酵母」

お米のとぎ汁と砂糖でむくむく発酵してきます。

この季節(いや、もう少し涼しいとなお良し)
あっと言う間に発酵してしまって、
とぎ汁エキスも、焼きあがったパンも酸味が多く、
いわゆる”昔ながらの自家製酵母”的な味でした。

最初のチーズパンのように、
お惣菜系の具材をたっぷり入れれば
気になりません。

酸味を出さずに作れたら良いな、というのが
この酵母の課題です。
まだまだ発展途上。

とぎ汁なら、いつでもあるものなので
上手く活用できたら良いなと思います。

**

 

 

わかば工房インスタグラム更新中♪
わかば工房インスタグラムへ

 

レッスン最新情報

[2020/9/17 更新]

■ 天然酵母パン教室

[現在受付中]
・2020年度後期レッスン…10~2月予定はこちら(受付中)
・ホシノ/自家製酵母はじめてレッスン…随時開催お問合せください
・プライベートレッスン随時開催中…お問合せください
.

 

パン作りランキング参加中
ポチっと応援おねがいします(^^)/
にほんブログ村 料理ブログ パン作りへ
にほんブログ村