【おしらせ】
■ ’23.6月以降のブログはこちら★ → Mariko.Biz
■ パン教室各レッスンは → こちらでご案内中

米麹酵母「ショコラブレッド」アレンジいろいろ

一昨日からはじまった、
「春特レッスン」受付
早々のお申し込みをありがとうございます。

昨日までにいただいたお申し込みの皆様には
すべてお返事さしあげました。
届いていない方、いらっしゃいましたら
ご連絡をお願いいたしますm(__)m

一部定員に達した日程もありますが
まだまだ募集しております。

ご新規の方、とてもとても久しぶりの方
みなさまと、まぜこぜでお会いできるのも、
春特レッスンの良いところかなと思っています。

新しい出会い、懐かしい再会が今から楽しみです。

*

さて

1月「酒種ショコラブレッド」のつづき。
アレンジ編です。

本編はこちら↓ です。

 

 

 

ショコラブレッド(角食)

今回のショコラブレッドの生地量は、
ちょうど半斤キューブ型で
角食を焼くのにぴったりの分量です。

生徒さんにもそうお伝えしました。

ご参考までに、教室で使った型一覧はこちら☆

焼き上がり直後の比較写真です。

20230128-DSCT7607 (3)

 

型から今まさに出てきたところ

20230128-DSCT7597 (2)

 

ちと角が出てしまいましたが、ま、許容範囲ということで。
(レッスン中に焼成タイミングで…やや過ぎたかな?)

このあと作りたいものがありまして、
厚めに、3枚切りでスライスしました。
半斤サイズのパンなので1枚あたり6枚切りの分量。

20230130-DSCT7857 (2)

 

 

 

フレンチトースト

その、作りたいものとは、
こちら。

20230130-DSCT7917 (4)

 

少し前から、ブログのヘッダ画像にしていたので
なーんだ、という声が漏れそう(笑)

いちごトッピングは、砂糖と一緒に少し火を通したもの。
実は買い物を頼んだら、ジャムにすると勘違いされて、生で乗せるにはビジュアル的に耐えられる見栄えでなかったため、シロップ煮にしたという一件。

でも、
別途メープルやはちみつなどを用意しなくて済むのも結果オーライ。

20230130-DSCT7909 (4)

 

少し前に行ってきた日高のたまご屋さんの
目が飛び出る価格の卵を使いました。
250円…パックじゃなくて1コあたりのお値段。

酒種特有のふかふか空気感のあるパンの隙間に
卵液が入り込み、
あっという間に浸かります。

20230130-page (2)

 

カロリー気にしなければ
ホイップクリームもトッピングしたいところ。

これでも充分満足でした。

20230130-DSCT7887 (2)

 

 

チョコ入りショコラブレッド

半斤の型(上と同じ型)の角食
チョコ入りバージョン。

酒種ショコラブレッド 20230117-DSCT6336 (3)

 

プロセスフォト。

酒種ショコラブレッド 20230117-page

焼き上がり、
見ためがちょっとアレですが、
断面はどれもきれいにチョコが散って
美味しい美味しいパンになりました。

酒種ショコラブレッド 20230117-DSCT6316 (3)

 

ココアドーナツ

番外編で、ドーナツも。

酒種ココアドーナツ 20230117-DSCT6250 (3)

割るとちゃんとココア生地が。

酒種ココアドーナツ 20230117-DSCT6268 (2)

ドーナッツ生地より甘さ控えめなので
粉糖はたっぷりくらいがちょうど良いです。

 

ショコラきのこパン

さらに、小型のパン。

お持ち帰り生地で、生徒さんも作ってくださいました♪
ショコラブレッドとショコラプチパンの合せ技です。

ショコラきのこパン 20230131-DSCT8376 (2)

中にはひとくちチョコが入っています。
まだ冷めきらずカットしたので
チョコがやや柔らかめ。

ショコラきのこパン 20230131-DSCT8394 (3)

 

プチパンは、5分割のところを6分割にして
小さめにしてあります。
マカロントッピングと粉糖をしたら焼成するだけ。

ショコラきのこパン 20230207-page2 (2)

 

 

1個あたりすこし小さくなるので、
ちょっと安心。食べやすいです。

ショコラきのこパン 20230131-DSCT8335 (2)

 

 

ショコラうずまきパン

そして最後は、うずまきパン。

上のきのこパンと並行作業で作りました。

ショコラうずまきパン 20230131-DSCT8314 (2)

 

12個取りの、おおきめマフィン型を使っています。
(その昔IKEAで買ったもの)

ショコラうずまきパン 20230207-page (2)

 

焼くのも同時進行。
パン生地がどんどん大きくなる姿、
いくら見ても見飽きません。

ショコラきのこパン ショコラうずまきパン 20230207-page5 (2)

 

長くなりましたが、
アレンジ編でした。

この生地、みなさんにとっても好評で
焼き立てふわふわにびっくりされること多し。

自家製酵母やホシノ酵母ともまた違った
ショコラブレッドになりました。

今後も大切にしていきたいレシピです。

 

 

最新ブログ ↓更新中↓











 

広告

*

ポチっと”読んだよ!”励みになっています♪
にほんブログ村 料理ブログ パン作りへ にほんブログ村

*

わかば工房インスタグラム更新中
わかば工房インスタグラムへ

 



■ Profile

上田まり子 こんにちは、上田まり子です。
1997年からウェブサイト「まりの部屋」でホームベーカリーのレシピ&情報サイトを運営。レシピ本著書9作。
このブログでは、教室のお知らせやレポートのほか、普段焼いているパンをつれづれに綴っています。息抜きの写真さんぽの様子もときどき載せています。

[SNS] FacebookInstagram(パン)Instagram(ねこ)Twitter

教室お問い合わせ・お仕事のご依頼などは こちらからどうぞ↓