今月のパン「湯種食パン」と、レッスン後にもうひとつの湯種パン

今月の最初のレッスンは、応用クラスの、
「湯種食パン」と「メロンパン」

湯種食パンは、山食にして
ぐんぐん窯伸びするのを見るのも醍醐味。

20181201-DSCT7182-1

スライスがこちら。
ふわっふわ柔らかで、置くと「へにゃっ」と。
それでいて、噛むともっちもちでしっとりなのが特徴です。

湯種がしっかりと水分を包み込んでくれるので、
加水も合計でかなりの量になります。

20181207-IMG_7021-2

こちら(↓)は比較写真。
MFのピントが心配だったのでiPhoneで撮ってみました。

20181207-IMG_1303-1

メロンパンと一緒にラッピング。
にっこり顔でほっこりします。

20181207-DSCT7563 (2)

**

そして、
湯種パンその2

ふと、レッスン中に思いついて、
ハナマンテンで湯種を作り、
同じくハナマンテン100%でこねたパン生地。

白いつぶつぶを乗せて「塩バターパン」に。

20181202-IMG_6929-1

プロセスもすこし。

(中にバターを巻き込んで)

20181201-DSCT7214 (2)

(塩をパラパラ)

20181201-DSCT7220 (2)

(しっかり焼き上げ)

20181201-DSCT7235 (2)

塩バターパン X 湯種パン X ハナマンテン
この組み合わせ、美味しいの三乗です。

湯種パン、ほかにもいろいろ作りたくなります。

**

パン教室レポート、
もうひとつのパン「メロンパン」へとつづきます。