11月のフリークラスは、クリスマスのパン「マナラ」と「ライ麦コッペパン」

11月レッスンのレポートです。

クリスマスのパンは、
これまでいろいろやってきましたが、
まだ、お伝えしてないパンもあります♪

今年も新しいクリスマスのパンを作りました。

マナラ 20191108-DSCT1821 (2)

フランスのアルザス地方で
12月6日の聖ニコラウスの日に
子供たちが食べるパンとして
作られる「マナラ」です。

マナラはちいさな子供、という意味。

ブリオッシュ生地を形どって
チョコなどで子供のように仕上げています。

マナラ 20191109-DSCT1918 (2)

焼いた後に、このカタチにするために、
いくつも試作しました。

あたりまえですが、
パンって膨らむんですよね(笑)
ブリオッシュ生地は特に。
全部一体化して細長パンになったり
手足が消えてしまったり。

それを見越して成形して・・・
成形直後の写真を撮っていなかったので
ホイロ後の写真でどうぞ。
ここからさらに膨らみます。

20191109-DSCT1903 (2)

焼きあがったら仕上げ。
凝りだすといくらでも
時間が欲しくなっちゃいますね。

マナラ 20191109-DSCT1907 (2)

子どものはずが
年齢がちょっと高めのコに
なった人もいましたね。

マナラ 20191109-DSCT1953 (2)

楽しく仕上げて
お召し上がりいただきました。
もちろん味もリッチで美味しいです。
ブリオッシュ&チョコですから
お菓子のようなお味です。

マナラ 20191109-DSCT1960 (2)

もうひとつのパンは、
試作時にも紹介した「ライ麦コッペパン」

このライ麦生地は、
ウィンナソーセージで
ホットドッグにするのが最高に美味しいです。
言ってみれば、ソーセージのためのライ麦パンです。

ライ麦コッペパン 20191109-DSCT1936 (3)

コッペパンとホットドッグは、
伸ばす長さも違って別々の成形をします。
ソーセージにぴったりサイズに作ります。

ライ麦コッペパン 20191108-DSCT1804 (3)

しっかり埋め込まれたソーセージ断面。

ライ麦ホットドッグ 20191106-DSCT1687 (3)

こちらはコッペパン。
やはりこちらもソーセージと一緒に
お召し上がりいただきたいという
気持ちがつい前面に出てしまいます。

ライ麦コッペパン 20191106-DSCT1650 (2)

ご試食風景。

今回のテーマは
「子供がよろこぶメニュー」
スープも、コーンチャウダーにしたので
お子様と一緒に楽しんでいただけたらと思います。

20191108-DSCT1838 (2)

 

ご参加くださったみなさま、
ありがとうございました。

次のフリークラスは1月開催。
ホシノ薔薇酵母を使ったチョコレートのパン、
お食事系のサラミパンを作ります。
こちらをどうぞ→☆

マナラ 20191108-DSCT1875 (5)

 

**

レッスン最新情報

[2020/9/17 更新]

■ 天然酵母パン教室

[現在受付中]
・2020年度後期レッスン…10~2月予定はこちら(受付中)
・ホシノ/自家製酵母はじめてレッスン…随時開催お問合せください
・プライベートレッスン随時開催中…お問合せください
.

わかば工房インスタグラム更新中♪
わかば工房インスタグラムへ

 

レッスン最新情報

[2020/9/17 更新]

■ 天然酵母パン教室

[現在受付中]
・2020年度後期レッスン…10~2月予定はこちら(受付中)
・ホシノ/自家製酵母はじめてレッスン…随時開催お問合せください
・プライベートレッスン随時開催中…お問合せください
.

パン作りランキング参加中
にほんブログ村 料理ブログ パン作りへ にほんブログ村
ポチっと応援、励みになっています♪