【最新情報】’22/10/2

■10/18(火)開催「自家製酵母はじめてレッスン」受付中
■10月~2月「後期コースレッスン」受付中

 

ホシノ酵母でスリムサイズの「ライ麦食パン」。サンドイッチもよく映えます

今期からはじまったコースレッスン
「食パンコース」

全5回で9種類の食パンを焼いています。

**

今回は、「ライ麦食パン」

ライ麦入りの食パンは、以前もやっていますが、
製法や配合を変えて、新しい作り方で
紹介しています。

既成概念を捨てて、1からの仕切り直しで
配合や成形を考えてみました。

ライ麦の取り扱い店と各ライ麦の特徴、
そして、フォルサワーについてのお話などしながら
作っていきました。

スリム型を使った5山の食パン。
表面に雑穀をまぶしたいと思っていたので
ストックしてあるものなど集めたり
買い足してみたり。

見た目からして、これまでの食パンと
全然違いますね。

ライ麦パン 20200118-DSCT8121 (2)

スリム型はこちらを使っています。

(おかしの森)

 

レッスンでは沢山焼き上がりました。

並べるとちぎりパンのように豪華絢爛。
いったい、どのクラスのレッスン?と
思われた生徒さんもいらしたみたいです。

食パンコースです(笑)念のため。

ライ麦パン 20200116-DSCT7827 (2)

お召し上がり用にはサンドイッチ。
ライ麦パンは、サンドにするのがいちばん。

というか、むしろ逆で、
サンドイッチを食べたいからライ麦パンを焼く、
というアプローチのほうが、私は多いです。

ライ麦パン 20200116-DSCT7851 (2)

今月はじめの、
ベーグルレッスンのときに、
スモークサーモンサンドを久しぶりに作ったら
美味しくて見栄えもよかったので、
こちらも同じ具にしました。
近所の美味しい魚屋さんのサーモンです。

ライ麦パン 20200120-DSCT8252 (2)

ケーパーが大好きなもので、
沢山入れてしまってごめんなさい。

ひと山ずつの断面です。

ライ麦パン 20200120-DSCT8287 (3)

プロセスはこちら。

ホイロでどれだけ待つの?って感じですが
発酵の早い生地なので、
通常の食パンと同様に焼きに入れます。

20200120-DSCT8223 (2) 20200116-DSCT7822 (2)

それにしても、トッピング作業
楽しそうにみなさんやられていましたね。

**

お持ち帰りはこんなふうに、細長い袋に入れて。
型がかなりロングでしかも窯伸びいっぱいな山食なので
かなりボリューミー。
ワイン用の袋が、いざという時に重宝します。

ライ麦パン 20200120-DSCT8280 (2)

ちなみにこちらです。

 
(楽天市場)

**

さて、こちらのライ麦パンは
お持ち帰りの生地になりました。

みなさんお手持ちの型で
いろいろ工夫されて焼いてくださっていました。

ライ麦パン 20200120-DSCT8307 (2)

一例としてこちらもどうぞ。

半斤キューブ型(9.5cm角)
成形後、全体にシードミックスをまぶしました。

ライ麦パン 20200120-DSCT8322 (3)

スリム型と並べるとこんな感じです。
焼き時間は、2・3分伸ばしてくださいね。

ライ麦パン 20200120-DSCT8325 (3)

ライ麦の入った生地は
ちょっと扱いにくいですけれど、
パンには独特の美味しさがあります。

食べやすい配合にしてありますので
ぜひ作っていただきたいパンです。

ライ麦パン 20200120-DSCT8349 (2)

つづいての食パンは、

「ブルーベリーブレッド」です。

 

 

*

”読んだよ!”代わりにポチっ↓と1回。
いつも励みになっています♪
にほんブログ村 料理ブログ パン作りへ にほんブログ村

*

わかば工房インスタグラム更新中
わかば工房インスタグラムへ

 

[2022/10/3 更新]

■ 天然酵母パン教室

<受付中講座>
・10/18(火)「自家製酵母はじめてレッスン
・10月~2月[後期]  コースレッスン・単発レッスン

<過去講座>
・9月 ホシノ天然酵母はじめてレッスン 



■ Profile

上田まり子 こんにちは、上田まり子です。
1997年からウェブサイト「まりの部屋」でホームベーカリーのレシピ&情報サイトを運営。レシピ本著書9作。
このブログでは、教室のお知らせやレポートのほか、普段焼いているパンをつれづれに綴っています。息抜きの写真さんぽの様子もときどき載せています。

[SNS] FacebookInstagram(パン)Instagram(ねこ)Twitter

教室お問い合わせ・お仕事のご依頼などは こちらからどうぞ↓